「親子の≠を=にする」 新しいメソッドの提供

「子どもが言うことを聞かない!」

そんなお悩みをお持ちの方。

ご存知ですか?

お母さんとお子さんが、

お互いに喋っている言葉が違っているんですよ!

違っているから通じない。

通じないから、言うことを聞かない

言うことを聞かないから、怒る、怒るから、喋らなくなる

「もう、何考えとるかわからんわ!!!」

お母さんのイライラがピークになります。

そして、お子さんは、どうせわかってもらえないからと、

本音を話さなくなります。

子どもの夢や未来の可能性を摘んでいるのは親御さんかもしれません。

 

クリエイティブランドでは

「お互いの言葉」を通じるようにする

新しいメソッドを提供します!

通じない原因は大きく二つ!

① 考え方、感じ方などの個性の違い

② ①に基づく、話し方や、言葉の選び方の違い。

 

【解決策】

●考え方、感じ方の≠を=にする「個性診断」

ISD個性心理学協会マスターインストラクターや

子育てカウセラー協会子育てアナリストの資格を持つ講師が、

親子の考え方、感じ方の違いを詳しく分析。

現状の問題の原因や、

今後起こりうるもめ事を予測し、

対処法をアドバイス。

持って生まれた得意分野をうまく伸ばす

環境の作り方などもアドバイスします。

 

●話し方や、言葉の選び方の違いの≠を=にする「国語力」

英語講師として、日本語と英語の翻訳、通訳の経験を通して培った、

話し方も言葉も違うけど、

気持ちを通じるように話すノウハウを、

親子のコミュニケーションに応用。

誰にでも伝わる日本語を話す能力を上げる方法として

「出口式論理国語」を採用。

① ②のどちらかが違っている場合もあれば、

どちらか片方の場合もあります。

 

まずは、「家族まるごと診断」で違いを知りましょう!

ただ今、オンライン診断受付中!

お申込み、お問い合わせはお気軽に、

メールかお電話で!

 

 

おすすめの記事