ICOMA誕生秘話?!

クリエイティブランドの窓看板などに書かれている「ICOMA」の文字。

読み方は「イコマ」です。

これは私の脳が、伝えることの難しさと格闘していた時の副産物でもあります。

みんながみんな、コミュニケーション能力を向上させて、お互いを理解し合うのが理想ではありますが、

一足飛びにそこに至るのはなかなか難しそう…

となると、現状の問題解決のためには、

同じ日本語を使っているのに話の通じない人同士の間に、

外国語の通訳のような、双方の話を理解し、それぞれにわかるように伝える役割をする人がいれば、いくらか問題が減るのでは?

と考え、

そういう役割を果たすコミュニケーション能力の高い人を、その組織のコミュニケーションがうまくいくようにする人という意味で、

「コミュニケーションマネージャー」と定義するのはどうだろうか?

と思いついたのが始まりです。

 

コミニュケーションマネージメントについて、あれこれ考え、研究するという意味で、

Institute of
communication
management

それぞれの頭をとって
ICOMA イコマってどうかな?
って思った瞬間、

オフィスの住所が生駒(イコマ)町、

こちらの方言で
「いこーま」が「レッツゴー」の意

だと気付き、
なんだかすご〜く縁がありそうな気がして採用決定!

ICOMAが誕生しました^ ^

ただいま、ISDロジックを学び、周りの人の気持ちや考え方を理論的に理解し、

更に実践的に対話力アップのトレーニングをする、

「コミニュケーションマネージャー養成コース」を準備中です。

まずは、「一家に一人、コミニュケーションマネージャーを!」を目指して、ママ向けのコースから開催します。
8月開講予定で、7月末まで早期割引価格でのご予約を承ります。
ご興味のおありの方は、ぜひお問い合わせ下さい。

 

 

おすすめの記事