AI時代に勝つ子 負ける子 -AI時代を生き抜くための3つの能力を身につける-

AI時代に勝つ子 負ける子 -AI時代を生き抜くための3つの能力を身につける-

今週の東洋経済の記事のタイトルを見て即購入♪

自分の講演のテーマにも関わる内容なので、じっくり読んでみました。

 

ここで言及されている3つの能力とは

「読解力」

「論理力」

「数学力」

でした。

 

これらが重要な事は間違いないし、

「従来の詰め込み教育は大量の失業者を生む」

「学校の勉強だけでは語彙は増やせない」

「日本の国語教育では国際基準の言語技術は身につかない」

などなど、おっしゃる通りとうなづける専門家のお話も多く、

総じて大変興味深く読めました。

 

ただ、これだけで大丈夫とは思いませんが、それはまた別の機会に…
(ぜひ講演会で❗)

 

この記事の中で最も驚いたのは、読解力診断の誌上テスト。

全部で7問出されており、

それぞれに、

中学生や高校生の正答率の低さや、

新聞社の解説委員も間違えたなどの

ショッキングなデータが書き添えられているのですが、

決して、入試問題のような長文でもなく、

作者の考え方を問うような問題でもなく、

100%これしかないという答えの出るレベルの短い文の読解問題で…

このデータが本当なら…

普段から、まだ冗談のつもりで、

「今に日本で日本語が通じなくなるかも」

などと言っていましたが、

それがもうすでに冗談じゃなくなりつつあるのでしょうか⁉

ほんと、なんとかしないと…

公式サイトで問題が一部公開されていましたので、ご確認の上、

よろしければ、ご感想などお聞かせください!

https://premium.toyokeizai.net/articles/-/18006

 

 

 

未分類カテゴリの最新記事