七尾市で、101人女子会開催しました!

七尾市で、101人女子会開催しました!

100人女子会を開催しました!

101人来ていただき、七尾市に女子が一同にあつまりました。

内容は

女子トークを本音でしようと集まっていただきましたが
「七尾市の魅力を活かしたまちづくり」
について熱心が意見がかわされました。

高校生から70代の方まで、
意識の高いかたが集まったように感じました。

アンケートを記入していただいたのですが、
ほぼ全員の方が、また会に参加されたいと
記入していただき、嬉しく思います。

 

七尾市が消滅!?

この会を開催しようと思ったキッカケは

ある研修会で、
「消滅可能性都市」
という衝撃的な言葉を聞いたことでした。

七尾市もその一つだと知り
「マジでやばい!」
と思いました。

 

「消滅!」

もちろん、映画のように、七尾市が海に沈んで消えてしまうという話ではなく、少子化や、人口流出に歯止めがかからず、自治体として存続できなくなる恐れがあるということ

 

「余命宣告」を受けたような感じで、
危機感に一気に拍車がかかったのを覚えています。

 

もちろんこれまでも、
「少子化」「高齢化」「過疎化」
これらを問題として意識はしてました。

 

子育てサポートや、人財育成を通して、
10年、20年先を見て、
時間はかかるけど、あせらず、
少しずつでもその流れを変えていければという思いで
活動してきましたが、

 

もっと焦らないとダメ!!
そういわれた気がしました。

 

かといって、どうしたら…???

 

七尾市 消滅都市脱却の方法が見つかった

 

そんな時
「としま100人女子会」
の話を聞くことになりました。

 

 あの、大都会東京で、池袋を有する豊島区が、
七尾市と同じく消滅可能性都市だというのも驚きでしたが、
区長さんも、東京23区中唯一消滅可能性都市と指摘され、
私以上に「やばい!」って感じたことでしょう(笑)

 

ちなみに、消滅可能性都市とは、
日本創生会議が、2010年から2040年の間に
20~39歳の女性の人口が5割以下に
減少すると推測されると指摘した自治体です。

 

豊島区では、そこから脱却するための企画の一つとして、
「としま100人女子会」
というのを開催し、それをきっかけとして
女性目線で考えられた様々な取り組みが
実際に行われているという事例を聞きました。

 

「これからの七尾をどうするかを考えるには、
これからの七尾を支えていく
若い女性がどうしたいかを知ればいいんだ!」

 

シンプルに、そう考えて、
「七尾でも100人女子会を開催して、若い女性の意見を聞こう!」
と思ったのがことの発端でした。

 

それから、いろんな方に、その想いを話していたら、
「応援するからやれば?」
といってくださる方が何人かあらわれてきて、

 

「じゃあやろう!」
と決めてからが、まぁ実際いろいろ大変でした(笑)

 

七尾市で100人女子を集めた方法

終わったあと
「100人なんてどうやって集めたんですか?」
とたくさんの方に聞かれたので
なにをしたのかを書きたいと思います。

はじめに
「どうやったらできるのか?」
だけを考え、考えうること全てをやりました。

今思うと
「集まるか?ではなく、集めるんです!!」
と平然と言っていられたのは、
幸いにも、この時はまだ、豊島区の人口が七尾市とは桁違いであることに全く気付いていなかったからかもしれません。

 

自分一人でできる事なんてたかが知れています。

たくさんの方に協力していただこうと、
思いつく限りの知り合いに、
いろんなことを頼んでまわりました。

 

実行委員会として一緒に活動してくれるようお願いする。

チラシを作ってくださいとお願いする。

北國新聞社さんや市役所に後援のお願いに行く。

 

チラシやポスター、会場費、お茶代などの
経費を賄うための協賛金をお出し頂けそうな企業様にお願いに行く。

 

当日のお茶菓子を出してくださいとお願いに行く。

宣伝記事載せてください、

ラジオで告知させてください、

 

ポスター貼ってください、

チラシおいてください、

会場のお花ください、

 

参加してください、

声かけてください、

司会してください、

イラスト描いてください、

 

etc・・・

 

今こうして書き出すと、自分の図々しさが怖くなるくらい(笑)

 

 

改めて、快くご協力くださった大勢の皆様に、
心から感謝したいと思います。

 

 

実は、2日前までのお申し込みは、90名弱だったんです。
ところが最後に、怒涛の声掛けをしてくださった方がいて、

 

 

「何人かの知り合いが、何人か連れて行くと言ってくれてます!」
という、何とも面白いお電話をくださり…
蓋を開けてみるまでどうなるかわからないという、
非常にワクワクドキドキな状況で当日を迎えることになりました。

 

 

当日の朝は、

 

時期が時期だけに、風邪を引いたのでという
キャンセルのご連絡からのスタートでしたが、
お天気にも恵まれたのか、なんと、当日参加の方が20名近くいらして…

実際に100人を超えたと分かったのが、スタート直前。

 

 

久しぶりに飛び上がるくらいうれしかったです。
「想いよ、届け!」

 

という副題でしたが、
まずは、いろんな形でご協力くださった、

 

たくさんの方の想いが届いて開催できた100人女子会だったなと、
あらためて感じます。

 

さて、これからは、当日の皆様から頂いた想いをどのように形にしていくか。
まだまだ楽しみながら頑張りたいと思います。

 

女性のためのセミナー・講演会カテゴリの最新記事