ゆとりですがなにか

ゆとりですがなにか

20年以上前の話ですが…

二人目の子供ができたとわかった時、

女の子だったら「ゆとり」と言う名前にしよう!と決めていました。

男の子だったら…

実は、一人目の長男が、あまりにも元気すぎて、毎日寝かせるだけでも大騒動!

こんなのが二人になったら身がもたない!(>_<)…と、

敢えて考えないようにしていました(笑)

ところが、5ヶ月目の検診の際、

聞きもしないのに、先生が、

「あ!ハッキリ見えた!男の子だ!」

と、自信たっぷりに教えてくださり、あっさり夢破れ…

 

きっとその時の私の落胆具合が酷かったんでしょう…

「あれ?もしかしたら女の子欲しかったの?」と言われたくらいで(^^;;

でも、今にしてみれば、ホント男の子でよかった‼

その時「ゆとり」なんてつけてようものなら、後々どれだけ文句言われたことか…

 

それでも…

『ゆとりですがなにか』

というドラマのタイトルを見て、

ふと縁のなかった娘を想像すると…

『ゆとりですが何か❓』
『文句ありますか⁉️』

みたいな気の強い女の子しか浮かばないのは…

 

やはり、つい自分を基準に考えてしまうからでしょうかね?(笑)

 

 

 

未分類カテゴリの最新記事